Albatrus Club


ニシオジロビタキを見たあと近くの池へ。およそ100メートル四方の池。
真ん中辺りに居たら難儀やなと思いつつ池を探す。北東部に観察者数名、
行ってみると割と近い所に居た。いざ撮影、ファインダーを覗くとなん
かぼやける。鉄柵が深度に入っていたのだ。合間から写すのに苦労した。






s-3B5A0067.jpg


s-3B5A0035_20180204185331b6b.jpg
アカハジロ
CANON EOS 7D MarkII/EF500mm F4L IS USM 


園内を歩き「桜の木の所に居るよ」と教えて頂く。陸上部か、学生が
数十名競技を行っていた。その脇で2名のカメラマン、一緒に撮らせて
もらった。

コイカルは探したが見つけられなかった。イカルの群と行動を共にし、
居るには居るが、今は一定の所に降りないのだそうだ。トラツグミも
居るらしいがパスした。オオタカが池の真ん中に停まっていて、大勢
のカメラマンが囲んでいた。


ニシオジロビタキ


s-120A0047.jpg
オオタカ
CANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM (トリミング)

MORE »


午後2時、雨の予報が雪になった。今日は曇天なので西側ではなく東側
から観察した。カモ類、オカヨシガモがいちばん多いような気がする。
カワアイサを久しぶりに見る。ハマシギは採餌と飛翔を繰り返してい
た。ハヤブサが現れユリカモメの群に突っ込んだ。

観察種
カイツブリ、カワウ、アオサギ、カルガモ、コガモ、
オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、カワアイサ、
ミサゴ、ハヤブサ、オオバン、イカルチドリ、シロチドリ、
ハマシギ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、ハクセキレイ、
セグロセキレイ、ツグミ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、
ハシブトガラス。

以上26種


ユリカモメ、既に夏羽のものも。


s-120A0032_20180128185951071.jpg
カワアイサ
CANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM




探してみたがトラフズクはもう居なかった。それ目当てで来てる人も結構多い。
諦めてチュウヒ狙いで葦原に行ってみたが姿無し。元の場所に戻ってみると皆
ベニマシコを撮っていた。上空にハイタカが舞い池は氷りいつも居るコガモは
居なかった。結局カモ科の鳥を見たのはコガモだけだった。

観察種
カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、コガモ、ハイタカ、
オオバン、イソシギ、セグロカモメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、
モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、アオジ、
オオジュリン、カワラヒワ、ベニマシコ、スズメ、ムクドリ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス。

以上22種




ジョウビタキ


s-120A0015_20180127172312917.jpg
スズメ
CANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM


MORE »

到着すると30人くらい居た。既に撮った人たちは河川敷で他の鳥を
探している。うしろで構えていると順に場所を譲って頂いて撮るこ
とができた。1枚撮ろうが100枚撮ろうが、すべて同じポーズです。
帰る際数人の人に「居ましたか?」と尋ねられる。



CANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM


«  | HOME |  »

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


ツイッター


フリーエリア


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


月別アーカイブ