--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016
05
08

16 5月8日 シギ・チドリ類観察


5月5日と同じ場所、サルハマシギとウズラシギを期待して行って来た。
今回は下道、少し時間は掛かるが苦になる距離ではなかった。干潮約
2時間前の正午前に到着。朝から両種共見てないらしい。潮がピークに
なる前に引き上げる方々も。

暫くするとハヤブサが現れ、干潟は閑散とする。それ以降遠くにチュ
ウシャクシギ数羽が居るが近くには来ない。小型のシギたちもまばら。
ずっとそんな調子で3時過ぎに終了。

今日は気合い入れて500ミリを担いでいった。以前からピントがおか
しいと思って使っていた。7D MarkIIとの初組み合わせ、やっぱり
あとピン。今日の画像殆ど没、なんらかの処置を考えねば。



チュウシャクシギ


s-191-160508.jpg
ダイゼン


s-225-160508.jpg
トウネン
CANON EOS 7D MarkII/EF500mm F4L IS USM (トリミング)



Comment

[1469] 残念な日でしたね

昨日はお会いできてよかったですが、鳥の方はさっぱりでしたね。どこの干潟もハヤブサが出現すると増えかけていた鳥が激減します。逃げ込んだ場所が自由に立ち入りできる場所ならいいんですが・・・。

私も甲子園浜まで高速を使って移動した際には近距離なのに割高だなと感じていました。一般道は湾岸ルートの混雑がなければそこそこの時間で到着できますが到着時刻が予測しにくいですね。この干潟も長く存続して欲しくて5日は南港でボランティアガイドをしていたのでお会いできずでした。対岸処分場の湿地とここはそれこそ尼崎埋立地と海老江干潟の関係のようなセット物と考えていて行く末が案じられます。

[1470]

Shin'sさん、こんばんは。
昨日は、お疲れ様でした。
随分久しぶりでしたね、憶えて下さっていて幸いです。

期待して行ったのに見れなかったのは残念ですが、
これも自然の摂理と捉え諦めます。
湾岸の幹線道路、思い切り蛇行してる部分もあるけれ
ど、アクセル踏める場所も多々あるので、助かります。
最近は節約志向です^^;

尼埋めは随分と変遷を遂げていて、最近鳥の話は皆無
です。いずれにしても、海に近い埋立地は魅力的です。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Albatrus Club

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


ツイッター


フリーエリア


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。