--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
10
16

日本のマチュピチュ竹田城

今シーズンのタカの渡りは諦め、最近テレビ・雑誌で取り上げられている
竹田城を見に行って来た。以前から若干興味を抱いていたのだ。鳥見の時
もそうだけれど、少し距離があれば早朝出発ではなく、前日の夜に出て、
現地近くで車中泊するパターン。朝苦手だし、色んな面でこちらのほうが
好きだったりする。今回は11日の夜に出発し12日に見物しました。

道の駅「あさご」に停車すると、長野ナンバーの同好の士と出会う。既に
一杯やっているらしく、いい匂いが漂って来た。色々情報を頂く。



藤和峠より。なかなか思うように撮れない。
CANON EOS7D/EF300mm F4L IS USM

s-IMG_0041_20131014162132561.jpg
城跡には沢山の人が。
CANON EOS7D/SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM



竹田城は9月下旬から12月上旬辺りまで、城周辺に雲海が広がり幻想的な
画が見られる。それが「日本のマチュピチュ」と称される所以だろう。や
はり、なんと言っても写真を撮るのが最大の目的。事前調査では、撮影ス
ポットは3箇所。
(1)竹田城跡一帯
(2)立雲峡(竹田城跡正面)
(3)藤和峠(竹田城跡西側)

(2)立雲峡(竹田城跡正面)は、きつそうなので、(3)の藤和峠(竹田城跡
西側)を目指す。やはり夜明け前から10数名のかたが既に陣取っていた。
朝陽が登り暫くすると、皆さんそそくさと帰られた。

次にお城へ。城にいちばん近い駐車場はほぼ1時間待ち。手前に停めて歩
いて行かれるかたも多数。平成25年10月1日より竹田城跡の入場の際に、
観覧料が必要です。

車を停めて歩くこと約20分、最後に難関もありました。薄く霧が立ち込め
眼下には円山川が流れます。それにしてもこんな所によく築城したものだ。
当然ですが、納得のいく写真は撮れず、まあ今回はロケハンと言ったとこ
ろでしょう。

s-IMG_0025_201310141630259cb.jpg
駐車場脇から登ります。

s-IMG_0056_20131014163045af0.jpg
観覧料が必要になりました。

s-IMG_0055-130921.jpg
無料の竹杖が置いてあります。

s-IMG_0030_20131014163039bec.jpg
最後に難関が待っています。

s-IMG_0027_201310141630363ad.jpg
眼下に丸山川が流れます。
CANON EOS7D/SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Albatrus Club

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


ツイッター


フリーエリア


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。