2010
09
05

10 09月3~4日 シギ・チドリ類観察

9月に入っても暑さは衰えない。それを覚悟で海に行ってみた。一つ目の海岸、
ここはミユビシギの越冬地で知られる所だ。背中の濃いウミネコ発見、これが
今回鳥見のスタート鳥。狙い通りミユビシギが200羽くらいの群。トウネンも群
の一部化している。砂地にはキョウジョシギとシロチドリ。オバシギ4羽にコオ
バシギ1羽。オオソリハシシギが1羽居たけれど、これが異常に警戒心が強く、
栄養状態が悪く感じられた。

観察種
カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カルガモ、
ミサゴ、トビ、ミヤコドリ、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、
キョウジョシギ、トウネン、ウズラシギ、ハマシギ、コオバシギ、オバシギ、
ミユビシギ、エリマキシギ、キリアイ、アカアシシギ、コアオアシシギ、
アオアシシギ、タカブシギ、キアシシギ、イソシギ、ソリハシシギ、
オグロシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ウミネコ、ヒバリ、ツバメ、
ハクセキレイ、セッカ、オオヨシキリ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、
ハシブトガラス。
以上42種


ミユビシギ

s-HZ2V0300.jpg
トウネン

s-HZ2V0003-100903.jpg
ウミネコ

CANON EOS-1D MarkII/EF500mm F4L IS USM



車で流しているとミヤコドリを発見したので、撮影。あとはメダイチドリなど。
続いて別の海岸に着いたのは昼前、既に3人のかたが観察されていた。目の前に
はオグロシギ、ここはソリハシシギが多かった。昼飯を食って池に、セイタカシ
ギは居なかった。代わりにオグロシギ、チュウシャクシギ、エリマキシギ、コア
オアシシギ、アオアシギ、キリアイ、ウズラシギ、アカアシシギ、などの豪華な
メンバーが。一日目終了。

次の日は前日と逆周り、池から撮影し海岸に行くが潮が引きすぎていて、話にな
らない。この日は田んぼも回ってみたが、タカブシギが数羽、しかし遠過ぎ(^^;)
最後にミユビシギの群を見て帰りました。

おわり。

s-HZ2V0103.jpg
犬、ここで初めて見ました。群で居て咬みつかれやしないかとドキドキ(汗)

s-HZ2V0439-100903.jpg
アオアシシギ

s-HZ2V0411.jpg
オグロシギ

s-HZ2V0382-100903.jpg
ミヤコドリ

s-HZ2V0295-100903.jpg
オオソリハシシギ

s-HZ2V0163.jpg
オバシギとコオバシギ(右)
CANON EOS-1D MarkII/EF500mm F4L IS USM

s-IMG_0086_20100905214850.jpg
ミユビシギの居る風景(浜辺)

s-IMG_0069.jpg
ミユビシギの居る風景(飛翔)
CANON EOS 40D/SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Albatrus Club

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


ツイッター


フリーエリア


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


月別アーカイブ