2010
05
18

遠い夏の日

昨日から妻の介護生活が始まった。後悔したくないから介護す
るのだと云う。ケアマネさんとの打ち合わせ、病院の段取り。
帰宅すると、機関銃のように喋り出す。いつも一人だった母も
ご満悦とのこと。妻が務めに出ている時は僕の方が帰宅が早か
った。食卓に上った料理を眺めると、嬉しい思いは僕も同じだ。

そう言えば、両親は共働きで、僕が小学生の低学年だった頃、母
の転職の間の数日、家に居たことがあった。確か夏。母は洗濯物
をたたみ僕は傍らにちょこんと座る。言葉には出さなかったが、
凄く嬉しかった。いつもこうして居てくれたらと、しかし、優し
い時間は束の間、直ぐに鍵を渡された。

そんな母を介護することになった。皆避けては通れない道。次第
に記憶が薄れてゆく母。認知症の進行を覚悟し、腹立たしい言動
があったなら嬉しかったあの夏の日を思い出せ。

s-IMG_0006100429.jpg
河川敷の植え込みに咲いておりました、ウォーキング中に撮影。

CANON EOS 40D/Tokina AF100mmF2.8MACRO AT-XM100PROD

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Albatrus Club

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


ツイッター


フリーエリア


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


月別アーカイブ