2010
05
16

10 05月15日 シギ・チドリ類観察

午前中の山が惨敗に終わり、浜へ。丁度干潮時、干潟面積は広がり潮干狩りの
人で賑わっている。勿論鳥見の人も多い。干潟が広い分それだけ鳥達も分散し
ていて、撮影には向かない。到着すると、ハヤブサが飛来して、狩を行ったら
しく、そのせいでいつものポイントにはまったく鳥の姿は無かった。

いつものように、「山の仇は海で」の思惑は見事にハズレ返り討ちに遭った浜
でした。。。(_ _。)・・・シュン

カモ類は三種合わせて10羽に満たない程度。カモメ類はカモメが若干数とユリ
カモメ50羽前後で群を形成。完全に夏羽、執拗に浜に留まっている。イソヒヨ
ドリはメスで、雨覆いが逆立っているところを見ると例年の個体に間違いない
。。。(^^;

観察種
カワウ、ササゴイ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、
シロチドリ、キョウジョシギ、トウネン、ハマシギ、キアシシギ、イソシギ、
チュウシャクシギ、ユリカモメ、カモメ、コアジサシ、ハクセキレイ、
イソヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス。
以上23種


5月16日の浜、潮干狩りの人で賑わっている。

オリンパスμTOUGH-8000



s-IMG_0008100515.jpg
カルガモ、カモ類は、これと、マガモ。

s-IMG_0006100515.jpg
ダイサギ、餌探し中。

s-IMG_0003100515.jpg
コサギ、婚姻色が出てました。

s-IMG_0010100515.jpg
カワウ、休憩中。

s-IMG_0012_20100516105233.jpg
ハシブトガラス、この後とんでもない行動に出た。詳細は後日(^^;

CANON EOS 40D/EF300mm F4L IS USM
(カルガモ、ダイサギ、コサギはトリミング)

Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Albatrus Club

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


ツイッター


フリーエリア


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


月別アーカイブ