--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
04
25

10 04月25日 シギ・チドリ類観察

暫く遠のいていた場所へシギチ観察に行って来た。久しぶりだったが様相は
以前とほぼ変わりない。最近ここの情報はブログ等で見なくなったので、気
にはなっていたのだけれど、機会を逃していた。到着すると、ウグイスの声
を聞く。こんな所で?と思ったが、植え込みの中に潜んでいたのだろう。

観察種
カイツブリ、カワウ、コサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、シマアジ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、ミサゴ、コチドリ、シロチドリ、キョウジョシギ、
トウネン、ハマシギ、アオアシシギ、ソリハシシギ、チュウシャクシギ、
セイタカシギ、セグロカモメ、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、
ツグミ、ウグイス、セッカ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス。
以上30種


セイタカシギ、名前の通り足が長い。



まず、セイタカシギとアオアシシギが一緒に行動しているところに出会う、
採餌だ。帰りも見たがこの2羽同じ場所で仲良くしていた。カモ達は少数残
っている。数が多いのがコガモとキンクロハジロ。ハマシギやトウネンは
夏羽になっていた。チュウシャクシギは6~7羽くらいの群だった。

本日の極め付き、シマアジ。出会ったかたに「向こうにシマアジが居るよ」と
教えて頂く。行ってみると、こいつがなかなか手強かった。

s-IMG_0024_20100425202621.jpg
アオアシシギ、セイタカシギと仲良しです。

s-IMG_0092.jpg
ハマシギ、夏羽に。

s-IMG_0147100425.jpg
シマアジ、なかなか手強い。

CANON EOS 40D/EF300mm F4L IS USM/EXTENDER EF1.4×II


Comment

[996]

こんばんは。
昔と比べるとスケールも小さくなり、鳥の数も少なくて風前の灯状態ですが、通い続けてるとまだまだ良い事ありそうな感じがします。
この春はシマアジが、多いですね。
先週、5羽見ました。

[997]

なんか、あそこどうなるのでしょうね。
いや、どうしたいのか。。。(^^;
新しい水溜りなんかもできてました。
今年もコアジサシには持ってこいの場所だと思います。
まだまだ、期待できそうな感じです。

ほんと、あちろこちらでシマアジは多いようですね。

[998]

野鳥園を作りたいと活動されてる方々も居られるようで、行政へも働きかけておられたようですが(何年か前に南港へ来られて、色々聞いておられました)・・・その後、どうなったのか?です。
あの状態を残しておかないと、新しく人工の池なんて作っても、シギなんて来ませんよね。

[999]

なるほど野鳥園ですか。
しかし近くに南港があってはねえ。
人工池では、しんどいでしょうね。
奥のほうは若干整地されているような。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Albatrus Club

プロフィール


最近の記事


最近のコメント


ツイッター


フリーエリア


カテゴリー


リンク


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。